継続的改善にリアルタイムの可視性が得られない理由(とできること) Why You’re Not Getting Real-Time Visibility Into Continuous Improvement (and What You Can Do About It)

Guest Blogger | 20 September, 2022

トピック: Continuous Improvement, Minitab Engage

パフォーマンス改善イニシアチブで、成功するのは30%だけです。なぜそれほど失敗が多いのでしょうか。調査によると、一番の理由は幹部のサポートがあまりないことです。Economist Intelligence Unitが経営役員に行ったアンケートで、これが明らかになっています。幹部の賛同とサポートがないと、多くの戦略的イニシアチブが成功しにくいそうです。

Juran Instituteの調査では、幹部が必要な情報にうまくアクセスできないだけであることが明らかになっています。アメリカ品質協会の調査によると、会社で上になるほど、指標のレポートを受け取る頻度が下がります(半数以上が更新情報を受け取るのは四半期に1回またはそれ以下です)。

 


効果的な継続的改善プロジェクトを実現するための
段階的なロードマップをお探しですか?ウェビナーを見る >


 

プロジェクトデータが散在していてアクセスできないために、改善イニシアチブとそれが会社に及ぼす影響の全体像をまとめることが困難になっています。多くの場合、プロジェクト計画書、プロセスマップ、バリューストリームマップ、その他のドキュメントの作成に数多くのアプリケーション使用されます。プロジェクトの正式な記録を最新に保ち、すべての主要な利害関係者がアクセスできるようにすること自体、時間のかかる作業になります。さらに、プロジェクト間で使用する指標が一貫していないと、同等の方法で結果を評価できなくなります。

成功する戦略的イニシアチブは、計画と良好なコミュニケーションの基盤の上に構築されています。では、どうすればいいのでしょうか?以下は、提案トップ3です。

1.効率を確保する

1つのプラットフォームを使用してマイルストーン、KPI、ドキュメントを追跡することで、異なるソースからプロジェクトのレポートに必要な指標を収集する面倒さがなくなり、チームの貴重な時間を節約できます現在のプロジェクトを振り返るときに1つのプラットフォームであれば、以前のイニシアチブで役立ったロードマップやテンプレートなどのプロセスを簡単に複製できます。 

2.一貫性を目指す

Minitab Engageなどのツールを使用してストレージを一元化すると該当するチームメンバーや利害関係者が関連するすべてのドキュメントにアクセスできるようにすることができます。チームが成長し、プロジェクトが複雑になるにつれて、混乱を防ぎ、バージョン管理を支援し、指標の一貫性を維持し、メールのやり取りの数を減らすことができれば、すべてのチームメンバーを調整でき、大きなメリットになります。

3.ダッシュボードでリアルタイムの「スナップショット」を入手

プロジェクトの進捗を可視化することで、結果を追跡し、あらゆる課題に対処する日常的な管理が容易になります。ダッシュボードで、プロジェクトの進捗が一目でわかります。

 


プロジェクトを成功に導きたいとお考えですかMinitabと話す>


 

プロジェクトの適切な管理に必要な効率、一貫性、可視化を実現することは、お客様がよくお話しになる共通の課題です。Engageは、お客様のフィードバックに基づいて、これらの問題に真正面から取り組むために作成されました。Engageは、経営幹部、マネージャー、利害関係者に、組織の品質イニシアチブ全部または一部の進捗、パフォーマンス、収益上の影響について、これまで以上に特別な洞察を提供します。