1つのプロジェクトファイルで鍛造プロセスのコストを削減し、品質を向上させる方法を見つける Finding How to Reduce Costs and Increase Quality in a Forging Process in 1 Project File

Evan McLaughlin | 16 March, 2021

トピック: Minitab Statistical Software, Minitab Workspace

鋼は強くなく確実でないと誰も主張できないでしょう。それは、耐久性のある製品を作るための確実な材料です。しかし、製品がそのようなしっかりした材料でできている場合、データについての十分な理解と、機械の修理や交換が必要になる時期についてデータが提供できる洞察が必要なのは言うまでもありませんが、製品自体を作成するためのさらに強力なツールが必要となります。

Silver Dam Internationalという鍛造会社を例として見ていきましょう。行程技師のBillは、以下の2つの目的として、鍛造金型とフィクスチャの性能を研究しています。

  • 鍛造するクランクシャフトの品質を向上させこと
  • 取引先のコストを削減すること

管理図を使用したベースラインの決定

まず、BillはチームにMinitabの管理図に平均サイクル数をプロットさせ、ベースラインを決定します。

forging-i-mr-control-chart
 

プロセスのマッピング

ベースラインが確立されると、Minitab Workspaceプロセスマップを作成し、改善機会を明らかにする主要なプロセスステップ、入力、および出力を特定することができます。

forging-process-map

 

因果の探求

Tそれから、チームは簡単な特性要因図(魚の骨図とも呼ばれる)を作成して、エラーの潜在的原因を探求できます。

forging-cause-effect-diagram
 

最後に、改善への道筋を描くことに役立つFMEAおよび管理計画

Billと彼のチームは、Workspaceで故障モード影響解析(FMEA)を完成して、リスクを評価し、軽減の機会を特定します。彼らはプロセスの改善が持続的に行われるように、仕様の制限、検査の頻度、および緊急時対応計画を管理計画に文書化しました。

FMEA

(クリックして展開する)
 

すべてを視覚化する

鍛造金型は、金属が変形したり粉々になったりすることなく形を整えるのに十分な強度が必要な工具ですが、データ解析とプロジェクト用ソフトウェアなどの多くの変数を持つプロセスに対して総合評価を行うには、様々な種類の工具と強度が必要です。

Silver Dam InternationalのBillとそのチームは、様々な問題解決ツールを使用して、鍛造プロセスに影響を与える重要な要因を包括的に視覚化しています。そのチームは、Minitabで収集、分析したデータ(右クリックするだけでMinitab Workspaceに簡単にインポートできる)を使用して、プロセスを改善するためのベースラインメトリックと機会を発見します。そこからプロセスマップでプロセスを視覚化する、魚の骨図で因果を探求する、無駄な作業を排除する、FMEAおよび制御計画ドキュメントで最も重要なプロセス入力に対処する方法に関する全体的な計画を立てます。

互いに補完し、成功のビジョンを達成することに役立つ共通の目的を持つ一連のツールを使用すると便利です。

 

Minitab Statistical SoftwareとMinitab Workspaceの両方とも30日間無料でお試し頂けます
Minitab Workspaceの30日間の無料トライアルをダウンロードMinitabの30日間の無料トライアルをダウンロード

このユースケースの調査と技術サポートを提供してくれたMinitabソリューションアーキテクトのAntonio Vargasに心から感謝しております。