アイデアマップ、プロジェクト優先順位付けマトリックス、ガントチャートを使用して戦略的に自宅をリモデル Strategizing My Home Improvements with an Idea Map, Project Prioritization Matrix and Gantt Chart

Minitab Blog Editor | 30 August, 2021

トピック: Project Tools, Minitab Workspace

今年に入ってから、自分の必要・希望リストにあるすべての改善プロジェクトについて考えたのですが、どこから始めたらよいのかわかりませんでした。どのプロジェクトに最初に取り組むべきか?潜在的なプロジェクトリストに書き漏れはないか?どのプロジェクトを計画するか決めたら、どうやって進捗を追跡し、視覚化すればよいのか?

どの問題にも統計ソリューションが必要なわけではないので、Minitab Statistical Softwareでタスクに取り組むことはしませんでした。代わりに、Workspaceの視覚化ツールキットを選びました。

Minitab Workspace には、アイデアを整理し、設定した基準に基づいてアイデアに優先順位を付け、スケジュールされているプロジェクトの進捗を視覚的に追跡するのに役立つ、視覚的な問題解決ツールすべてがあります。 この投稿では、自宅のリモデルプロジェクトのアイデア整理に使用したツールをご紹介します。

Minitab Workspaceを30日間無料でお試しいただけます

無料トライアルをダウンロード

アイデアマップのブレインストーミングからすべてが始まる

Minitab Workspace Idea Map for brainstorming and visualizing project ideas

アイデアマップを使用して、自分のプロジェクトのアイデアすべてを整理しました。アイデアマップでは、共通性(カテゴリー)はリモデルしたい部屋であり、枝は各部屋のプロジェクトのアイデアを表しています。

Workspaceで、アプリケーションの右側にあるタスクペインでクイックリストを作成し、アイデアをクリックしてドラッグし、マップ上で整理できます。すべてのアイデアを論理的に1箇所に配置することで、ほぼ忘れていた他のいくつかのアイデアについても考えることができました。ありがとうWorkspace!

次に、プロジェクト優先化マトリックスを使用して、構造化された一貫性のある定量的な方法でプロジェクトのアイデアを評価する必要がありました。

Project Prioritization Matrix in Minitab Workspace

どのプロジェクトを最初にスケジューリングするかを決めて作業に入るために、プロジェクトをリスト化して、それぞれの責任者を書きました。コストや複雑さは異なるため、プロジェクトの一部を私、一部を夫に割り当て、一部の作業には請負業者が必要になります。

Workspaceの設計モードと準備済みのプロジェクト優先化マトリックスを使用して、見積など、一部のフィールドをカスタマイズし、自分固有の状況に関連する情報を追跡しました。各アイデアを、緊急性コストの評価に基づいて、ランク付けしました。評価を自分の選択基準として使用しました。また、完了の簡単さに基づいて、各プロジェクトをランク付けしました。

Workspaceは、私の選択基準に基づいて、自動的にプロジェクトごとの加重値を計算し、私の完了の簡単さ(EOC)のランキングを組み込んで、EOCごとの値をマトリックスで計算しました。このマトリックスの結果は、一連のグラフとして下に表示されるので、どのプロジェクトを最初にスケジューリングするかを決めるのに役立ちます。

Bar Charts automatically generated by Minitab Workspace's Project Prioritization Matrix

「値xEOC」ごとのプロジェクトチャートにあるそれぞれのバーの下部には、プロジェクト識別子があり、どのプロジェクトを最初にスケジューリングするべきかがわかりやすいです。

さて、最初に取り組むプロジェクトがわかったので、スケジューリングの開始です。

作業の計画と日時です!ガントチャートを入力します。

home-improvement-workspace-gantt-chart

Workspaceのガントチャートは、プロジェクト進行のグラフィカルなタイムラインを確立するのに役立ち、各プロジェクトの進捗を視覚化するのに役立ちました。アクティビティテーブルに入力しただけで、Workspaceがガントチャートを動的に更新しました。
Workspaceの視覚化問題解決ツールで作業を整理し、向上させる方法を体験するために、Workspaceのトライアルバージョンをダウンロードすることができます。