グラフの更新、パターン化されたデータの作成、Minitabの習得に役立つその他のヒントとコツ Updating Graphs, Making Patterned Data and More Tips & Tricks to Help You Master Minitab

Evan McLaughlin | 05 March, 2021

トピック: データ分析, Minitab Statistical Software

先月、乱れたデータをMinitabで処理するための5つのヒントに関するブログ投稿を公開しました。また先週、「Minitabのヒントとコツ」のウェビナーを開催しました。LinkedInで「非常に有益で楽しい」と「もっと学習機会を持ちたい」と、データ加工成形の重要性についてのフィードバックを見たとき、皆さんはもっとたくさんのことを求めていることを確信しました。

そこで、Minitabブログのアーカイブをまとめて、専門家の同僚に、さらに拡張できるヒントを求めました。Minitab分析に役立つヒントとコツをいくつかご紹介します。学習機会をもっと得るために、最後まで頑張ってください!

 

データが変更されたときにグラフを更新する

ワークシートのデータを変更すると、Minitabのほとんどのグラフの出力ペインに通知が表示され、ここでクリックしてグラフを更新したり、変更に基づいて新しいグラフを作成したりできます。

Update results or create new results

グラフを自動的に更新したいですか?出力ペイン flyout-menu-down-arrow の右上にあるフライアウトメニューをクリックすると、結果を自動的に更新というオプションが表示されます。これが、Minitab 19以降のグラフの更新方法であることに注意してください。以前のバージョンでは、グラフの左上隅に黄色の警告三角形と円形の青い矢印アイコンが表示され、右クリックするとグラフをただちに更新するを選択することができます。

類似グラフをすばやく作成する

Minitabでいずれかのグラフをダブルクリックすると、グラフエディタが表示されます。ここで、グラフと背景の色を変更、ラベルを変更、参照線を追加、そしてグラフの外観と雰囲気を更新できます。場合によっては、異なる測定値に対して複数のグラフに同じ編集を行うことがあります。それは退屈で時間がかかります。

幸いなことに、類似グラフを作成する機能を利用することができます。グラフを右クリックしてコンテキストメニューを開くと、「類似グラフを作成する」というオプションが表示されます。次に、様々な変数を選択して同じ色、フォントなどで新しいグラフを作成することができます。

情報過多ですか?ワークシートを分割する

Worksheet with several columns

必要以上の情報を含むデータセットを受け取る場合があります。例えば、地元の劇場で行われる様々な種類のイベントについて、上記のデータを活用することができます。

それぞれタイプのイベントが1つのワークシートに詰め込まれているため、1つのイベントカテゴリだけを分析するのは難しいことであるかもしれません。データ > ワークシートの分割へ移動し、以下に示すように「イベント」列をダブルクリックして、「OK」をクリックします。

 

Split worksheet dialog

Minitabは各タイプのイベントのデータしかを含まない新しいワークシートを作成します。

Split worksheet results

逆の操作が必要な場合、複数のワークシートに分割されたデータを1つのワークシートに結合します。Minitabにはデータ > ワークシートの結合というオプションも表示されます。

名前ではなく数字で記入された場所が再コード化により読みやすくする

データに関する多くの問題は、分析を開始するまで明らかになりません。データが収集されているときにうまく機能しているショートカットまたは略語は、最終的には時間の無駄になる恐れがあります。最近、変換テーブルを使用してデータを再コード化する方法を示しました。次に、実際にテキストにしたい「数値」データの再コーディングを取り込みましょう。

誰かが場所と単位の両方を表す番号を使用して会社のデータを収集したとします。 

Worksheet of locations and units

これはデータを記録するための便利な方法だったかもしれませんが、各数字セットの意味を覚えていない限り、分析結果の解釈は混乱を招くことになります。

これを処理するために、データ > 再コード化> テキストへから始めて、次のようなダイアログボックスを完成させてください。
  

Recode dialog

私がここで行うように、元の列のデータを上書きするか、またはそのワークシートの他の場所または新しいワークシートに保存するかを選択できます。ナビゲーターで何が変更されたかを確認するには、「要約表を表示する」をオンにしてください。

Recode summary table

「OK」をクリックすると、データに誰でも理解できるラベルが付けられます。グラフや図を作成する場合、明らかにラベル付けされます。

Animation of autofill for Morning, Evening and Afternoon shifts下にドラッグして自動入力

三つのシフトのデータを記録しているとしましょう。朝、午後、夕方を何度も手動で入力する必要がありません。コピーして貼り付ける必要もありません。コピーしたいセルを強調表示し、カーソルが+に変わるまで右下隅にカーソルを乗せて、シリーズをコピーして貼付けたいセルを下にドラッグします。

Minitabが認識できるパターン付き数値列がある場合(たとえば、3-3、6、9ずつ上がる)、同じ方法を使用して、好きなだけ自動入力できます。3、6、9を強調表示して下にドラッグすると、12、15、18などが好きなだけの数値で続きます。

…またはパターン化されたデータを作成する

下にドラッグしてデータを生成するのは素晴らしいことですが、誤って100,000行程度までドラッグしてスクロールしないように、ダイアログボックスの精度を確認する必要があるかもしれません。計算 > パターン化されたデータを作成を選択して、一連の数値、テキストデータ、または日付/時刻データでワークシートを入力します(詳しくはここで)。

まとめて、これらのヒントを実際に見てみる

これらの簡単なヒントが、Minitabでデータを操作し、分析を実行し、ビジュアライゼーションをより速く作成することに役立てば何よりです。また、「Minitab Statistical Softwareのヒントとコツ」のウェビナーをまだご覧になっていない場合は、下記画像のリンにアクセスするのを強くお勧めします。これらのいくつかのヒントから(09:15のRecodeの入門書、12:50のパターン化されたデータ詳細、17:20のグラフ結果の更新、31:15の類似グラフの作成)その他多数のヒントまで、すべてのヒントを細かく分類しました。各ヒントを詳しく見ることができます。

Save Your Seat