Minitab Workspaceをマーケティングに活用 パート2:いいアイデアのブレインストーミング Using Minitab Workspace in Marketing Part 2: Brainstorming for Great Ideas

Joshua Zable | 16 August, 2021

トピック: Minitab Workspace

私たちマーケターは常に、もっと効率的に、もっと効果的にしようと努めます。最初のブログ記事では、Minitab Workspaceによって、そのSWOT分析ツール、フローチャート、狩野モデルを使用する際に、面倒なPowerPointのフォーマットよりも、戦略に集中できるというお話をしました。

ここでは、Minitab Workspace内のいくつかのブレインストーミングツールに絞って、お話します。私たちマーケターは、チームとのホワイトボードセッションが大好きです。ホワイトボードから最高のアイデアが生まれることもありますが、このアイデアを記録して、すぐに使用できる方がよいのではないでしょうか?ブレインストーミングツールを使用すると、ホワイトボードを中心とした話し合いで創造性を発揮することもできますが、それだけでなく、アイデアを集めて最終的に実行する構造を手に入れることができるのです。どういう意味かご説明しますので、このままお読みください。

マインドマップ

構造化された創造性を引き出すツールから始めましょう。マインドマップです。マインドマップを正式に使用したことがない場合は、とても簡単で、思考の自然な延長であることがわかります。もう少し簡単に言うと、アイデアから始めて、その上に構築していくのです。これがうまくいくと、どうしてわかるのでしょう? 

ウェビナーで、実際のMinitab Workspaceのブレインストーミングおよび視覚化ツールの動作をご覧ください。今すぐ見る

私は今回、Minitab Workspaceがどれほどマーケターの助けになるかを紹介するというアイデアから始めました。いくつかの重要なことについてブレインストーミングしました。それは、オーディエンスをターゲットにしようとしているチャネル、配信して行動を呼びかけたいコンテンツです。以下は、両方を取得するために使用した正確なマインドマップです。

mind map-1

アイデアマップ 

アイデアマップの目的は、中心の疑問についてブレインストーミングすることです。 テーマを維持しつつ、いかにLinkedInでマーケターを最も効果的にターゲットにするかが私の疑問でした。 LinkedInですべてのマーケターをターゲットにしようとすると、コストがかさむ可能性があるため、パラメータを設定しました。Workspaceは、大中小企業のすべてのお客様から好評だったため、会社の規模で区分化したくありません。 英語圏の国のマーケターをターゲットにしたいので、アメリカとイギリスを選択します。 ターゲットのオーディエンスをさらに区分化する方法として、「マーケティングチャネル」と「コンテンツ戦略」をリストしているマーケターをターゲットにすることにしました。 

特性要因図(魚の骨図) 

特性要因図(魚の骨図)は、石川図としても知られています。 この図で、得たい影響または効果を探り、その要因を理解することにより、ブレインストーミングを別のレベルに引き上げます。魚の骨図は、魚の頭または口に問題または影響を示すことにより、要因と影響を視覚的に確認する方法です。可能な要因が、さまざまな要因カテゴリの下の小さな「骨」にリストされています。

魚の骨図を使用する際の最初の手順は、問題の説明文への同意です。 率直に言うと、私の目標は、マーケターにMinitab Workspaceを購入してもらうことです。 チームに電話をかけて魚の骨図について話し、マーケターにWorkspaceを購入してもらうために、あなたの助けが必要だと言います。

2番目の手順は、問題の主要なカテゴリの理解です。 私の場合、マーケティングの専門家にWorkspaceを購入してもらえない、障害となっているものは何でしょうか? チームの人から「認識」と言われます。 別の人からは「マーケターをターゲットにしたコンテンツがない」と言われます。

魚の骨図を成功させる次の手順では、なぜこれが起こるのかを尋ねます。 ここでは、答えを得るのにチームは必要ありません。 さまざまな人からのMinitab Workspaceの需要はとても強く、私のコンテンツチームは圧倒されています。 Workspaceがマーケターにとってどれほど理想的なソリューションであるかを示せるコンテンツがないため、私の地域のキャンペーンマネージャーはずっとマーケターをターゲットにすることを躊躇していました。
  

fishbone

今すぐマーケティングの世界にMinitab Workspaceについて知ってもらいたければ、自分で事を動かすべきであることを、私は認識しています。 チームに制約があり、新しいコンテンツが必要ならば、自分でブログを書けばいいのではないでしょうか? そして、こう思うのです。Minitab Workspaceの価値をマーケターに証明するならば、ここに呼び込むことが最善の方法だと! 

無料でMinitab Workspaceを使ってアイデアを試してみましょう!

無料トライアルを始める