Minitab Engageで競争力を高めるために生産を安定させる Improve Your Production Stability for Competitive Manufacturing with Minitab Engage

Bruno Scibilia and Mark Ellis | 20 October, 2022

トピック: Lean Six Sigma, Manufacturing, Project Tools, Six Sigma, Continuous Improvement, DMAIC, Minitab Engage

安定性は製造における主要な関心事です。動作や工程が不安定になると、品質の問題や顧客の混乱を引き起こします。問題を防ぐために、意図された仕様を満たし、顧客満足度を超える安定した工程で、部品を製造しなければなりません。


とはいえ、多くの場合、製造工程には複数の連続した段階があります。どこか1つの段階で少しでもずれれば、製造ライン全体に影響を与えかねません。製造の安定性をよりよく理解するために、このブログで、以下を行っていきます。

  1. 生産安定性の向上を妨げる一般的な脅威を探る 
  2. これらの脅威を克服する方法を見る 
  3. Minitab EngageTMを使用して独自の改善プロジェクトを実行できるようにする

製造の安定性の概要から始めましょう。

生産安定性とは何か?

生産安定性とは、任意の期間、生産レベルを維持する能力です。

リーン生産方式とは何か?

リーン生産方式では、「安定性」とは、同じ材料、設備、人員で繰り返すことができる工程です。安定した工程にすることで、無駄を最小限に抑え、予測可能な時間枠で高品質な製品を生産できるようにします。ばらつきの反対です。ばらつきは上記に悪影響を及ぼします。

生産安定性を改善する方法

安定性への一般的な脅威と、組織で対処する方法を以下で示します。

脅威1: 標準化と人の性質

チームでアイデアを出し、データ駆動型ソリューションを目指して協力し、堅牢な方法でばらつきの源を特定するには、標準化され、検証されたツールが必要です。


残念ながら、人の性質には、チームに問題や混乱を引き起こす傾向があります。

  • 問題と範囲が定義される前に、解決策に飛びつく

  • 現在のプロジェクトを完了して手元の問題を解決する前に、次の問題にすぐに進む

  • データや確固たる証拠ではなく、主に主観的な推測に基づいて解決策を提案する

  • データの収集方法や測定方法など、データの品を確認せずにデータの分析を始める

これらの一般的な落とし穴を回避するために、実証済みの追跡記録のある方法論を実装すると、チームが共通の見解を共有できるようになります。たとえば、複雑な問題を効果的に解決するために、DMAIC方法論には、以下の標準化された段階があります。定義Define、測定Measure、分析Analyze、改善Improve、管理Control。これは、問題を管理しやすい小さな段階に分割し、多様で強力なツールを多く備えたツールボックスを使用します。DMAICは、他の問題解決の方法論とともに、エンドツーエンドの改善ソリューションMinitab Engageで利用できます。

📽️ ビデオ: 日立のVP Greg Kinseyによる、MinitabDMAICの主要なツールである理由

プロジェクトが方法論のすべてのステップを通過することを確保するには、統制が必要です。Minitab Engageがあれば、段階の確認と承認、ダッシュボードレポート、電子メール通知を通じてプロジェクトを順調に進めることができます。

脅威2: 公差

工程のばらつきを完全に排除することは困難です。管理が難しい、厳しい公差は、最終的にはコスト増になる可能性があります。この脅威を最初から(設計段階で)十分に考慮しないと、工場は期待されるパフォーマンスを達成するのに苦労します。


サプライチェーンがグローバルに拡大し続け、サプライヤーがより多くの注文をこなそうと努力しているため、サプライヤーランクの重要な基準は、重要なパラメータの仕様内に収められるかになります。

 

脅威3: 安定性=競争優位性

企業はいつも、サプライヤーに工程の安定性をもっと管理するよう奨励します。不安定性によるコストは、業者、最終的には顧客まで、製品が引き渡されるたびに増加します。故障は工程の後の段階で検出されるため、信頼性が高く予測可能なサプライヤーは、競合他社に対して大きな優位性を持つことができ、大口顧客との長期的な収益性の高い関係を確立できます。

脅威4: 部門間の連携の欠如

安定性の改善は多くの場合、複雑な問題を解決して、ばらつきに直結する重大な要因を特定することと関係します。このような問題を解決するには、多くの場合、生産、品質、設計などの複数の部門の連携が必要になります。これらの部門は、一般的に、安定性の問題に関して異なる認識を持つ傾向があります。

この状況を改善するために、個々の人が、チーム間で異なる独自のその場しのぎのソリューションを実装しようとする場合があります。通常、これらには、全社的に検証されていない計算と方法を含むExcelファイルが使われ、まとまりがなくなる可能性があります。

Minitab Engageは、組織が共同で改善および革新プログラムを構築し、問題解決ツールと実績のあるプロジェクト管理の方法論で実行できるように特別に設計された、究極のソリューションです。

Minitab Engageの詳細をご覧になりませんか?オンデマンドのウェビナーを視聴する